お知らせ

陸上(ランニング・マラソン)で起こりやすいスポーツ障害にはランナー膝と言われる「膝蓋軟骨軟化症、腸脛靭帯炎、鵞足炎」といったものがあります。
この他に陸上で起こりやすいものには、「シンスプリント、足底腱膜炎、膝蓋靭帯炎、肉離れ、種子骨障害、長母指屈筋腱炎、前脛骨筋腱炎、アキレス腱炎、アキレス腱滑液包炎、疲労骨折」があり、これらの外傷・障害に適した処理を行うことが重要となります。
また、ランニングやマラソンを続けながら治すことができる外傷・障害なのが、治療に専念するための休養が必要なものなのかを判断し、個人個人の症状に合わせた治療を施すことで、回復速度を向上させることも可能となっています。